福崎町/柳田國男企画 妖怪企画「第4回 全国妖怪造形コンテスト」

TOP >> 上手に作品の写真を撮る方法

上手に作品の写真を撮る方法

全国妖怪造形コンテストは作品の写真を投稿するコンテストです。
そうなると当然きれいに撮影されているほうがいいですよね。
今回は作品を簡単にそして上手に撮影する方法をご紹介させていただきます!
モデルは事務局に用意していただきました標準的なサイズのフィギュアです。大きさは30cm程度になります。

使うカメラは?

デジタルカメラがベターです。700万画素以上のカメラを使い、FINEなど、大きなサイズ・高画質で撮影できる設定で撮影すれば応募サイズの2Lでプリントしても綺麗に印刷できます。

ポイント1 屋外で撮りましょう

ただし、太陽光が強い場合は、影が強く出てしまうのでNGです。上手に撮るコツは、外が曇っているときに屋外で撮るか、明るい日陰で撮影します。

ポイント2 妖怪の目線で撮りましょう

妖怪と同じ目線で撮影します。道路に置いて上から撮ったり、台の上に置いて、下から撮ったりすると、形がわかりにくくなるためNGです。必ず、妖怪の目線と同じ高さで撮ります。アピールポイントの写真については、好きな角度から撮影しましょう。

ポイント3 近づいて撮ろう

遠くから撮った写真では、作品の良さが伝わりません。なるべく近づいて撮りましょう。ただし、ピントがちゃんと合っていないとボケてしまい、逆効果です。横向きで被写体が小さくなってしまう場合は、カメラを縦位置に持ち替えて撮影します。

ポイント4 プリントしましょう

撮った写真は、自宅のプリンターではなく、写真屋さんでプリントしましょう。せっかく作った作品ですから、最後の仕上げは写真のプロにまかせて失敗がないように。2Lサイズで応募を受け付けています。

写真は6点(写真例)

①  正面

②  背面

③  左側

④  右側

⑤  アピールしたいところ1

⑥  アピールしたいところ2

以上を頭において撮影していただけるといつもより良い写真が撮れると思います。
皆さんの造った力作、きれいに撮影して応募したいですね!
がんばってください!!

協力 株式会社ハイキューパーツ

ディテールアップパーツファクトリー HIQPARTS ハイキューパーツ

砂かけ婆 牛鬼 猫また 賞金30万円

Facebook

協賛

株式会社パジコ

ショウネンリック

インフォミーム株式会社

フェイス