福崎町/柳田國男企画 妖怪企画「第4回 全国妖怪造形コンテスト」

TOP >> 塗装しようぜ! >> 塗装しようぜ!~その2~

【 塗装しようぜ! その2 】

こんにちは。

早速色を塗っていきますよ。
筆で塗る時の基本なのに意外と難しい「できるだけ均一に塗る」説明。かくいうワタクシも大の苦手でございます。

04.これを使ってぬるぜ!

キッタナイ写真でスミマセン。塗料皿なのですが白い陶器製の塗料皿を使っています。ワタクシが模型を始めた時に買った「普通の皿」と「分割のある梅皿(だったかな?)」各2枚ずつ4枚持っていますが基本写真にある2枚しか使っていません。たまに「何色で塗ったの?」と質問される事があるのですが塗料皿がこんななので答えられない事もままあり。写真に撮り忘れましたが塗料をビンから皿に移す時は「調色スティック」を使います。塗料をよくかき混ぜてスティックに付いちゃった分「だけ」を皿の縁にこすりつける感じです。

筆は面相筆と小さな平筆。参考までに写真の筆は
平筆:タミヤモデリングブラシHF 平筆NO.0(200円ぐらい)
面相筆:Winsor & Newton Series7 00 (1,200円ぐらい)

Winsor & Newton は模型店で売っていない事もあります。その場合は「タミヤ モデリングブラシPRO 面相筆No.00」でもオススメです。価格も同じぐらい。もちろん他の筆でも良いのですがワタクシが使った事のある面相筆はその2種類だけなので。。。筆は消耗品ですので面相筆で1,000円超えるとお高い印象ですが割りと長く使えるますし一本で全部済むので奮発しております。ただ今回はちょっと大きい面を塗りますしヘルメットも塗るので平筆も使おうかと。溶きパテ用・面相筆・小さい平筆の3本あればとりあえず大丈夫です。


05.薄めに塗ろうぜ!

今回はヘルメット部分で出来るだけ均一に面を塗る行程とディテールの無い部分の塗り分けをやってみます。
パテを塗った部分は鉛筆やシャーペンで線を書く事ができますので下書きをしてもいいんですがいきなりラッカーで塗っちゃいました。塗り分ける部分のアタリを面相筆で軽く書きます。線がブレブレですが気にしなくて良いです。今回はヘルメットの反対側も同じように塗り分けますのでこの段階では線のブレを気にするより左右の塗り分ける面積・形が均等になっているか気にします。アタリの線を書いてみて「ズレているな」と思ったらまた新たなアタリを書けば良いです。絵を描くときに輪郭線を何本も引いたりしますよね。自分でどれが正しい線かわかれば大丈夫。線が増えすぎて自分でも判りづらくなったら、別の色に替えて書いちゃってもいいです。

アタリが決まったら平筆に持ち替えます。平筆は使ってみると分かりますが筆の幅があるので割りとブレずに塗れるはずです。アタリのラインに平筆のフチが当たるようにキワから塗って行きます。もちろん一発で決める必要はありません。


06.塗り重ねようぜ!

均一にぬるには「タテ・タテ・ヨコ・ヨコと交互に?」と説明されますが塗るモノの形状で筆の動かしやすい角度が限定される場合も多いです。でも薄めに塗れば「タテ・タテ・タテ・タテ・タテ・・・・タテ・タテ・塗れる範囲があればに気持ちヨコ・ヨコ」でも大丈夫。「タテ・タテ・ヨコ・ヨコ」にとらわれるよりもキットの形状に合わせて塗りやすい角度で筆を動かす方がいいと思います。この時の濃度は「ウスターソース」で。


07.もう一色塗ろうぜ!

もう一色は白(クリーム色)を塗る事にしました。もちろんこちらもキワから攻めます。「06.」の行程で「一発で決める必要はありません。」と書きましたがブレてしまってはみ出した部分は隣の色で塗ってしまえば問題無し。白がはみ出たら、、、もちろんもう一色(今回は緑)ではみ出た白を塗りつぶしたらいいです。不思議なものでこの繰り返しをしていくうちに塗り分けラインが明確になっていき筆もブレなくなっていきます。

ただ注意したいのは塗料の濃度。塗っている時に濃度はどんどん変化すると思いますが基本は「ウスターソース」を意識して(写真05・右)ぐらいの透け具合で繰り返して塗って行きます。ブレやはみ出しを一発で直そうと厚塗りするとボテッと筆跡が残ってしまったり、「あれ?透けたぁ」と乾く前に同じ所を繰り返し塗ると先に塗った色が溶け出したり、最悪パテも溶け出して成型色がペロリンチョとでてしまう事があります。よくあります。泣けます。なのであわてることなかれ。

これで「出来るだけ均一に塗る」と「デテールの無い部分の塗り分け」はマスターです。

多少筆跡が残ったりしても「味」という事にしましょう。そうしましょう。


塗装しようぜ!~その3~へつづく。

砂かけ婆 牛鬼 猫また 賞金30万円

Facebook

協賛

株式会社パジコ

ショウネンリック

インフォミーム株式会社

フェイス