福崎町/柳田國男企画 妖怪企画「第4回 全国妖怪造形コンテスト」

TOP >> 応募作品 >> 審査を終えての総括

審査を終えての総括


吉尾政高

回を重ねる毎に参加作品も増えると共に、作品自体のクォリティーも高くなっている事がハッキリ解る妖怪造形コンテストでした。
トラディショナルな妖怪から妖怪の特徴を独自な解釈でアレンジしたユニークなものまで表現の変化も多く見受けられ、一点一点その作品群から醸し出るエネルギーは非常に強力でありました。
このエネルギー豊かな造形作品が柳田國男さんの生家の前で展開されていく様も毎年楽しみになっています。
非常にクォリティ高いフィギュア造形コンテストでもあり、毎年進化しているコンテスト・・・とも感じ取れました。
このような審査をさせていただける事をとても光栄に思います。


WildRiver
荒川直人

ジュニア部門の低学年のお子さんの作品力が、今年は、すごいパワーと独創性を感じました。ぜひ、これからも自分の中の妖怪を作り続けて欲しいです。
一般の部は、ストーリー性のある作品が増えてきて楽しかったです。単体作品だけでなく、これからもジオラマ的な妖怪作品が増えてきて欲しいと思いました。


小林和史

今回も本当に沢山の作品が集まり、驚いています。
ジュニア部門は元気な作品で溢れ、見ていて本当に楽しかったです。
一般部門はコミカル寄りの作品が増えてきた様に感じました。造形技術に長けた作品ばかりだと、こういった催しの門が狭くなると思うので、 これは歓迎すべき事だと思います。製作者が楽しんでる様子が伝わって来るのも良いですね。
このイベントは「コンテスト」なので順位発表という結果は出ますが、「妖怪造形のお祭り」と考え、是非お気軽にご参加頂き、一緒に盛り上げて頂けると嬉しいです。
改めて、ご参加頂いた皆さん、有難うございました。
參加されていない方も、是非全作品ご覧になって下さい。きっと元気が出ますよ!


赤尾慎也

今回で第4回となり年々応募作品も増えクオリティも上がっており審査させて頂く身としては嬉しいやら大変やら(笑)もちろんも楽しく見させて頂きました。
ジュニア部門は毎度のカオスを感じながらも、「ここが好きなんだな」とか「ここを頑張ったんだな」と楽しんで作った 様子を想像しながら見ました。
また楽しんで作った作品は魅力的なものになっていると思います。
一般部門は造形レベルの高い作品が多すぎてより選定が難しいのですが、その中でも設定の妙やクスっとくる可愛さのある造形に出会えるのが楽しかったです。
毎回勿体なく感じるのが、作品はいいのに撮影の背景がイマイチだと折角の力作が良く見えません。写真の出来も重要な要素です。
カメラの性能よりロケーションと切り取り方次第で作品をグっと良く出来ますので是非工夫してみてください。
来年も楽しい作品に出会えることを期待しつつ、応募して頂いた皆様に感謝申し上げます。


吉岡和哉

コンテストに参加された皆様、お疲れ様でした。今回応募頂いた作品は、造形や塗装などの技術面はもとより、アイディアや構図作りにもこだわった作品が増えたように思います。多くの作品の中から頭一つ抜きん出るためには、上手く作る以外にも魅せ方が重要で、選定した作品の多くが、そこを意識して作っているように思いました。
ジュニア部門は 発想のおもしろさや斬新な色使いにハッとさせられることも多く、この感覚を大事に今後も造形を続けてほしいと思います。上手く作ろうとするよりは、まずは作品とじっくりと向き合って作る楽しみを存分に味わってください。
一般部門は色彩や質感表現に富み、完成度の高い作品が多く、候補の選定に苦労しました。今回は以前に比べると、既存のものとは違う独自に解釈したデザインが多く見られました。ただ擬人化や異なる要素を如何に上手くまとめるかが完成度を上げるポイントといえるでしょう。
また世界観を広げるたために地面を付けた作品も多く見られました。とはいえ妖怪と比べて作りが粗末になったり、地面が主張しすぎて主題がぼやけてしまうものもあり、バランスの取り方も注意が必要です。
回を重ねるごとに作品の完成度も上がり、参加人数が増えたのも、造形を楽しむ皆様が居てこそのこと。
今後も素晴らしい作品が観れるよう沢山の応募を期待しています。


あに

ジュニアも一般部門もどちらもレベルが上がっていて今年の審査も大変悩みました。
一般部門の方は全体的に完成度が去年に比べてさらに上がってるように思いました。工作、塗りの技術が高く、バランス良くまとめ上げられている作品が少なくありませんでした。ただ、無難にまとめられている作品が多く、こんな表現方法があったのか!とか、これどうやって作ってるんだろう?など、とんでもないインパクトのある作品が無かったのが少し残念でした。
ジュニア部門は妖怪の表情がとても豊かで、妖怪が恐ろしいものという認識だけでは無く、愉快なものもいたりして、見ているこちらが楽しくなるようなそんな作品もありました。
作品を作る上で工作や塗りなどの技術は勿論必要ですが、それだけではなく、
伝えたい物がはっきりしていること、つまり表現がとても大事なんだということを再認識させられました。
この全国妖怪造形コンテストは、審査をさせて頂いてる自分もとても勉強になります。年々作品のレベルが上がって盛り上がって来ているこのコンテスト、
また来年もみなさんの素晴らしい作品を楽しみにしておりますっ!


天野行雄

4回目ということで、世間一般に広く認知されるようになったのか、作品数も表現方法もバラエティに富んでいて、審査していて楽しかったです。
新しい素材や制作方法も見られ、妖怪造形という縛りのあるテーマに、様々な角度からアプローチしようとしているのが伝わって来ました。造形面のみならず、ひとつひとつのフォルムに対する意味づけを細かくしている作品もあり、妖怪というもの自体に対する認識も随分と深くなって来ているなと感じました。
水木しげるさんの作品に見られるように、妖怪はその存在自体以上に、その妖怪が現れる状況や空間が重要です。妖怪造形自体はもちろんですが、ジオラマや展示台、撮影場所などにも気を配ると、より妖怪らしさを表現出来るので、今後制作を考えている方がいらしたらご参考になさって下さいませ。
高まる妖怪造形に対する熱い想いを感じて、第5回目の開催、そして尚一層のご参加を切望致しております!!


林浩己

私にとって、今回で3度目になる審査員と言う役割でしたが、年々参加者も増え、嬉しいとともに責任も大きくなってきたと感じます。
このようなイベントに参加することで、もの作りの楽しさに触れ、豊かな発想を育てて貰いたいと思う中で、審査する側の個人的な趣味に偏らず、多方面から作品を楽しませていただいての評価を心がけて行きたいと思いました。自分も造形をする身として、みなさんの力作の苦労がわかるからこそ、選ぶ行為はとても辛く厄介でしたが、個性豊かな作品は笑ったり感動したりドキドキしたり、大変刺激をいただき、とてもいい経験をしたと感じています。
ただ、写真審査ということもあり、写し方で作品の見栄えに差が出たり、暗くて全体のディテールが分かりにくいなど、実物を見ないで行う審査の問題点も改めて感じました。
こうしたことも含めて、受賞された方、逃した方、皆さんは、審査員の評価に対してはおまけ的なものと考えて頂き、このようなコンテストを切っ掛けに、自分のセンスを形にすることの素晴らしさを心に刻んで頂ければ、とても幸せです。
皆さんのご参加、本当にありがとうございました!さあ、私も何か作ろう!


大山竜

妖怪は様々な形をし、それぞれの地域で独自の生活をしている不思議な存在です。第4回を迎える妖怪造形コンテスト、今回もまた個性豊かな妖怪たちを見させていただきました。同じ妖怪をモチーフにした造形であっても作る人それぞれの個性や人柄が際立つのがこのコンテストの醍醐味です。
造形を通じてみなさんの強い思いを感じました。技術的な事になりますが今回多くの作品を審査する上で感じた事は、写真の取り方もとても重要だという事。
これは高性能なカメラで綺麗に撮るという事ではなく。作った本人がここを見て欲しい!と思う部分を効果的に見せれているかという事です。
立体造形物は光や影で表情や雰囲気が全く違って見える事が多いので、造形、塗装、撮影と、全て同じくらいの気持ちで取り組むと良いと思います。
今回の参加作品数は200を越え前回よりもはるかに多いという事で、参加されたみなさんには感謝の気持ちでいっぱいです。
僕も造形コンテストには何度か参加した事があります。嬉しい事、悔しい事いろいろありました。なのでみなさんの苦労や情熱は自分の事のようにわかるつもりです。
もしよろしければ次回もご参加していただければと思っています。造形されている個性豊かなみなさんの作った妖怪たちを見れる日を楽しみにしています。
前回同様この素晴らしいコンテストに審査員として参加出来た事を大変嬉しく思います。

砂かけ婆 牛鬼 猫また 賞金30万円

Facebook

協賛

株式会社パジコ

ショウネンリック

インフォミーム株式会社

フェイス