福崎町/柳田國男企画 妖怪企画「第4回 全国妖怪造形コンテスト」

TOP >> 応募作品 >> 審査を終えての総括

審査を終えての総括


吉尾政高

日差しが柔らかくなり、肌寒く感じる頃・・・このコンクールのエントリー数が気になりだすようになりました。
妖怪コンテストで検索するとこのコンテストがイッパツで検索できるようになり、「継続は力」ということを再認識させていただくと共に応募点数も毎年増えて審査する方も気合が入ります。
エントリー作品から感じるエネルギーはとても楽しませていただいていると同時に審査となると体力を消耗します。作品画像から醸し出る創作魂を受け止めつつ、コンセプトをしっかり読ませていただき、一点一点目を通して、また見直して・・・の繰り返しです。
創作魂ー随分、お腹いっぱいにさせていただいております。
また、年々積み重なってゆくコンテストと共に増えていく辻川山公園の妖怪たちも個性に溢れた面々となり、地方自治体だから出来るステキなイベントだと思いました。


WildRiver
荒川直人

今回のコンテストで一番感じたことは、対象の妖怪がだんだんマイナーもしくは、テーマとして難しくなってしまったのではないかということです。でも、妖怪は、日本全国に様々なタイプのものがおり、ある意味それぞれ、日本の文化伝統をも背負っているのかもしれません。ですから、ぜひ、テーマを主体とはしても自分の妖怪の姿をぜひ作ってみてください。審査する側は、既成概念でないあっと脅かされるものを期待していると思います。


林浩己

今年も審査員として、皆さんの力作を拝見させて頂ける機会を与えて頂き、ありがとうございます。
お題も増えたからなのか、前回にも増して大勢の素晴らしい作品群は見応え充分でした。
特に一般部門は、技術的な完成度も素晴らしく、個性的なセンスには感心させられっぱなしでしたし、ジュニア部門も、技術は未熟ながらも、大胆で勢いのある作品が多く、素材もバラエティーに富んでいて、なかなか楽しい作品ばかりでした。
全体的に、オドロオドロしい妖怪というよりは、愛着の湧くキャラクターに仕上がっていたのが、特徴的だった様に思います。
ただ、作品によっては撮影枚数が少なく、見る角度が限定されてしまったり、細かな観察が出来ない事により、判断の難しい場面がちょくちょく有り、写真審査での難しさを感じました。
しかしながら、屋外撮影等、写真ならではの工夫は、新たな広がりや発見も有り、楽しい審査だったことに違いはありません!とにかく、今年も皆さんの作品に触れることで、沢山の刺激を頂く事が叶いました。
今後も、このような機会を切っ掛けにして、もの作りの楽しさを、みんなで味わえれば嬉しく思います。ありがとうございました!


小林和史

參加して頂いた皆さま、本当に有難うございました。楽しんで作品を拝見しました。回を重ねるごとに造形技術に長けた作品が多くなってきた印象です。
僕は「造形力」で全てが決まらない様、アイデアや独創性にも重点を置きつつ審査をさせて頂いているのですが、今回ジュニア部門で「頭を返せ!」を作られた向山連さんの作品は、造形技術だけを見ると一般部門の上位者に敵わないとは思うのですが、その独創性では全く引けを取らないどころが、むしろ勝っていると僕は感じました。
近年の模型、造形レベルはぐんぐん上がっている様に感じます。その為か、年々僕は上手い作品よりも「何これ!?」って思わせてくれる作品の方が印象に残る様になってきました。
勿論技術力の高さは素晴らしい事ですし、素直に感動させられます。でもそこに「アイデア勝負」といった作品が斬り込んできて、五分の戦いを繰り広げる光景はとても魅力的に思えるのです。
毎回同じような事を書いていますが、「そんな技術は無いから」と尻込みせず、「だったらこの方法で戦ってやるぜ!」と威勢よく、色んな方に參加して頂けると益々このコンテストは盛り上がると思います。気の早い話ですが、次回もまたよろしくお願いします。


赤尾慎也

早いもので第三回となりましたが今回もたくさんのご応募感謝でございます。クリーチャー要素が強いが捉え所の無い「鵺」、恐らく一番共通のイメージがある「座敷童」、全くイメージできない「マヨイガ」と、お題の選択も絶妙だったのではないでしょうか。バリエーション豊かな作品が集まったと思います。
一目で強烈な印象を残す作品、何度も繰り返し見るうちにジワジワ良さに気づかされる作品、様々でした。実際候補作品をピックアップしてから採点するのですが、何度も候補作品が入れ替わり悩み続けることに。
上手い下手関係なく他人が頭の中で考えてることの面白さ、表現の豊かさを感じつつ、自分の引き出しの少なさを感じさせられたりもしま した。毎回いい刺激を頂いてます。

また今回、造形はもちろん写真のクオリティも高い作品が何点もありました。設定を変えて様々な撮影パターンを試すなどの工夫で、より完成度が上がると思います。背景一つでも印象が変わりますし写真で審査する以上写真の出来も重要ですので撮影にも力を入れてもらえると嬉しいです。

第四回も力作のご応募を楽しみにしています。来年も悩むんだろうな・・・。

大山竜
ご参加いただいた皆様、お疲れ様でした。そしてありがとうございます!今回もまた自由な発想の様々な妖怪を見せてもらえてとても興奮しております。
前回もそうでしたが、このテーマで自分が造形するならこんな感じかな?という僕の想像を超えるアイデアや造形の妖怪達が多く驚かされるばかりでした。
造形をする人がこんなに沢山いるという事を参加された皆さんの作品達からバリバリ感じられてとても嬉しかったです。
一般部門の作品はプロ顔負けの造形物も多く、僕も技法や素材の使い方などたくさんの刺激をもらっています。
ジュニア部門の作品は、自分が子供の頃に紙粘土や油粘土で遊んでいたときの記憶がよみがえり、改めて自分で物を作る面白さや素晴らしさを思い出させていただきました。
造形する上で新しい技法や表現方法を模索するのはとても重要で、造形以外でも何か物を作る人間は常にこの事を意識しながら創造しなければなりません。
それと同時に「作りたい!」「作るのが楽しい!」という、初めて粘土や紙等で何かを作っていたときの純粋な思いも忘れてはなりません。
今回で第3回を迎える全国妖怪造形コンテストはこの2つの重要な要素がたくさん詰まったとても素晴らしいコンテストでした!
この素晴らしいコンテストに今回も審査員として参加出来た事を大変嬉しく思います!


吉岡和哉

今年で3回目を迎えた妖怪造形コンテストにたくさんのご応募を頂き、ありがとうございました。
今回は見応えのある作品が多く、非常に審査が難航しました。完成度の高い作品は過去2回にもありましたが、今年は更にレベルが上がっているようでした。
鵺(ぬえ)、座敷童子、マヨイガと個性的な妖怪たちを自由にイメージして創作頂き、どの作品も生き生きとして今にも動き出しそうな生命力を感じました。
ジュニア部門では様々な素材を駆使した表現力、奇抜な色使いなど、大人では到底考えられない発想力に驚かされました。ゲームなどに没頭してモノ作りにはもう見向きもしてもらえないかと思っていましたが、存外楽しんで作ってくれたのが伝わってきてうれしく思いました。
一般部門では、緻密に考えてデザインされたクオリティの高い作品が増えており、こちらも大変刺激を受けました。造形のみならず、塗装にも創意工夫が見られ、質感表現が素晴らしく、存在感のある仕上がりになっていました。
今回仕上げにもそのように一歩踏み込んだ作品が受賞の対象となりましたが、評価されなかった作品の中にももうひとひねり、作り込み、更に塗り込めばというものも多くありました。
来年のコンテストでもまた皆様にお目にかかれることを楽しみにしています。びっくりするような刺激的な作品をお待ちしています。


あに

毎年思うのですが、この妖怪造形コンテストは力作ばかりで本当に審査が難しく、頭を抱えております。何回見直しても、本当にこれで良いのかというくらい悩みます。
造形や塗りの技術は勿論ですが、それだけじゃなく何を作品を通じて言いたいのか。それが伝わってくる力のある作品を評価したいと思いました。
今回のテーマは鵺、座敷童子、マヨイガの3つでしたが、一番イメージしやすい鵺に集中するのではと思いましたがそんなことはなく、みなさん素晴らしい発想で座敷童子もマヨイガも作られていたのにまず驚きました。
去年に比べて造形の技術は勿論ですが、LED等を使った作品もあり、技術もバラエティーに富んでいました。表現の方もそのまま伝えるのではなく、ひとひねり加えてある作品もいくつかあり、なるほどこんな方法もあるのかととても楽しく審査させてもらいました。
難しいと思われてたテーマをここまで色々な表現や技法で作品にされてるのを見ると造形というのはまだまだ可能性があるなと審査してる側もとても良い勉強になりました。
ありがとう御座いました。


天野行雄

今回もたくさんの作品をお送り戴きまして、誠にありがとうございます。
3回目という事もあって、見応えのある作品が多数送られて来ていました。
素材に関しても、造形材料だけに留まらず、手芸用品や、自然素材など、他の造形コンテストでは使われないような特殊な物も増えて来ました。
こういった点も、妖怪という「モノ」をテーマにしたコンテストならではないでしょうか。
3回目はバラエティに富んだお題という事もあって、色々なアプローチという点に期待しましたが、鵺は一般的に知られる「頭が猿、身体が狸、手足が虎、尻尾が蛇」、座敷童は「童女」、マヨイガは「家」が殆どでした。
文献を見ると、同じ妖怪でも伝承によって容姿も性格も随分違います。
また、そんな妖怪の1つを柳田国男という人物が取り上げたら、また違った見え方になっているかもしれません。
そこら辺に注目して1つの妖怪について掘り下げてみると、また新たなる造形のインスピレーションをもらえるかと思います。
どんどん幅広く、深くなっていくこのコンテスト。
次回も楽しみにしています。

砂かけ婆 牛鬼 猫また 賞金30万円

Facebook

協賛

株式会社パジコ

ショウネンリック

インフォミーム株式会社

フェイス